都城市でプロミスから借りる

宮崎県の都城市でプロミスのキャッシングを利用するにあたって、一番早くに借りられる方法は誰もが気になるものです。1分1秒でも早く借りたいとは大げさかもしれませんが、キャッシングを利用したい方の中にはどうしても急ぎで必要と考える方も多いものですので、なるべくなら早い借り方、プロミスで適する素早い手続き方法は知っておくべきです。

 

もちろん都城市に限らず、他の地域でもプロミスの借り入れにおいては有効となる手順ともなりますので、例えば旅行や出張で他の地域や県まで行かれる場合にも、プロミスで一番早い借り方として利用をしてみるのも良いでしょう。

 

都城市の店舗や契約機を知りたいのであれば、まずはプロミス宮崎県都城市の契約機情報を確認するところから始めましょう。

 

 

基本となるプロミスのキャッシング情報

まずはプロミスのキャッシングの基本を知るべきですので、簡単に見ておきましょう。プロミスはネットで24時間申し込みが出来る大手キャッシングサービスで、審査対応時間は平日や週末の土日も可能な9:00~21:00となります。審査対応時間内の申し込みは最短30分の審査回答となり、早い審査結果の連絡が期待できます。

 

審査完了後はネットでそのまま契約が進められ、来店不要でプロミスとの契約が出来ます。借り入れも来店不要で銀行振り込みで利用でき、平日には限定がされてしまうものの、当日中の振り込みキャッシングも可能としています。

 

金利や限度額については消費者金融である点からも、初回契約時には決して良い条件とはなりません。多くの方が20万円前後の枠で17.8%の上限金利での契約となるため、貸付条件の金利と限度額については特には気にする必要はありません。

 

都城市で早くに借りるには

では、実際に都城市でプロミスから一番早くに借りる方法です。ネットでの来店不要の銀行振り込みで当日中に借りられると上には書きましたが、実はこの方法は最も早い手続きではありません。時間内に間に合えば問題ないのですが、不確定な要素が多いために間に合うと思って手続きを進めたのに、結果的に時間外となってしまって翌営業日扱いとなるケースも少なくないのです。

 

それよりも早くに借りられるのが、都城市に設置がされているプロミスの契約機を使う手順です。ネットで審査を受けた後に都城市のプロミス契約機を利用し、その場でカードを受け取ってお金を借りる流れとなります。これなら平日も土日も営業をしている時間なら夕方も夜も対応が出来るので、銀行振り込みよりも時間に余裕を持って手続きが進められます。

 

週末でも対応が出来るところが多いため、都城市でプロミスから最も早くに借りられる方法は、ネット審査後の都城市の契約機の利用となるのです。

 

未成年だけどプロミスで借りられる?

プロミスは消費者金融の中でも最大手の部類に入ります。顧客の受け入れの幅も広く、正社員以外の派遣社員はもちろん、パートやアルバイトでも申込みが可能です。もちろん必ず審査はあり、審査に通る必要はあります。それでも審査に通過さえすれば、パートやアルバイトだからといって、高金利が適用されるわけではありません。

 

受け容れの幅が広いプロミスなら、未成年でもなんとか借入できると思うかもしれません。しかし、残念ながらプロミスでは未成年者からの借入れは断っているのが現状です。プロミスに限らず、消費者金融では基本的に未成年者への貸付けを断る傾向にあります。そもそも法律上、基本的には、未成年者への貸付けは禁止されています。責任能力の問題上、借入れができない代わりに、返済の義務もないのです。

 

それではプロミスは、法律で禁止されているから未成年への貸付けを行わないのか、実は法律上は、未成年でも借入れができる条件があります。未成年であっても、結婚して生計を立てている、または親の同意があれば、少なくとも法律上は借入れが可能です。

 

ただし、これはプロミスに限った話ではないのですが、未成年のキャッシングを行う消費者金融はありません。未成年には返済義務がないので、消費者金融側としてはリスクが高すぎるというのがその理由です。未成年の場合には、別の手段を考えた方がよいでしょう。

 

プロミスの利用は20歳以上

プロミスは未成年のキャッシング利用は受け付けていないので、借りることは出来ません。これはプロミスだけに限らず、消費者金融はもちろん、銀行でも同様です。例えば、プロミスと同じようにネットで申し込みが出来るオリックス銀行カードローンの利用条件にしても、やはり20歳以上としているため、未成年の方は対象外となるのです。