おまとめローンを使う?

複数の消費者金融や銀行から借金をして月々の返済が大変な人も居るかと思います。特に消費者金融からお金を借りた場合は金額にもよりますが
金利15~20%もの利息が付くので月々の返済が大変です。そんなとき、もし利息を減らすことが出来たら、と考えている人がいたらおまとめローンを
使うという手段もあります。

 

おまとめローンは、単刀直入に言えば、複数の銀行や消費者金融から借りている借金を、まとめて1つの消費者金融または銀行からの借金にしてもらう
という方法です。

 

例えば、B社、C社、D社からそれぞれ10万、15万、20万を借りているとします。こんなときA社がおまとめローンを行っている場合はA社にB~D社の
借金を返済してもらうかわりにA社へ45万のお金を返済していくことになります。

 

おまとめローンを使うメリットは、金利が安くなることがあるということです。例えばB~D社の金利が15%ほどでA社の金利が9%だった場合はおまとめローンを使うことで利息を余計に払わずに済むというメリットがあります。

 

逆にデメリットとしてはA社の方が金利が高いと月々の返済額が増えてしまうこと、B~D社からの過払い金を請求することが出来なくなってしまうことが挙げられます。

 

基本的に、おまとめローンは消費者金融から借りたものを銀行で行うようにすると、銀行の方が金利が低いために返済額が減る傾向があります。ただし、銀行からのおまとめローンの場合は保証人や担保が必要だったりするのでその点については注意する必要があります。

 

実際に利用にあたっての注意点、おまとめローンに優れた借り入れ先に関する情報は、専門サイトのおまとめローンの一本化で見ておいて下さい。